ヨンワン様のご加護 あらすじ1話~3話

ヨンワン様のご加護 あらすじ1話

チョンイは借金取りから逃れるため、警察に通報し、海へと飛び込んだ。
ジョンイ(ホンジュ)の父のは、山の奥深くに住んでいた。
ホンジュは、特別な目、絶対色覚を持っています。
それは1億色もの色を見分ける“絶対色覚”を持つものです。
あるとき、お父さんの友達の息子プンドとホンジュは仲良くなる。
ホンジュのお父さんが通りかかって、けがをしたハッキュをたすけだした。
助けてもらって休んでる寺でニュースになってた高価な絵に遭遇する。

ヨンワン様のご加護 あらすじ2話

ホンジュのお母さんは殺されてしまう。おまけに火事になる。
プンドは、ホンジュの母に頼まれホンジュを連れて逃げた。
ジェランが運転していた車にひかれたホンジュは、崖から落ちる。
ジファンとプンドのお父さんは、ジファンが運転する車に乗車する。が事故でがけから落ち炎上する。
そして父が死んでしまったことにショックなブンドだった。

ヨンワン様のご加護 あらすじ3話

崖から落ちたホンジュは生きていたが記憶をうしなっていた。
記憶を失ったホンジュはハッキュのことを父親だと思い込む。
そしてホンジュからをチョンイと改名した。
その後、ハッキュはチョンイが1億の色を判別できる特殊な絶対色覚と気がついた。
歳月が流れ
高校生に成長したチョンイ。
有名なピアニストになったプンド。
2人は出会うがきずかなかった。