韓国ドラマ 匂いを見る少女 あらすじ ネタバレ 13話

ユチョン、シン・セギョン 匂いを見る少女 韓国ドラマ13話

キャスト・出演者

チェ・ムガク・・・ パク・ユチョン
オ・チョリム・・・ シン・セギョン
クォン・ジェヒ・・・ ナムグン・ミン
ヨムミ・・・ ユン・ジンソ

あらすじ

妹を殺した犯人を捕まえるため警察官になったチェ・ムガク。
無感覚な警察官と匂いが見える少女のサスペンスラブコメディ。

匂いを見る少女 韓国ドラマ13話

チョリムさんがカメラを置いたのでなければいいけど・・と。
ムガクはチョリムは関係ないといって監視カメラを取った。
ジェヒは2度と家に入るなと・・

匂いが見えることを皆に公表したいと・・
しかし説明しても信じられない皆にロッカーに入ってる制服の匂いを見て当てみる。

消防署の緊急点検でムガクはジェヒの家に入ると書斎の本をめちゃくちゃにする。
ムガクは秘密の部屋がどこか。オレの考えではこの家の中にあるという

チョリムの同窓会では念入りに部屋がチェックされる。
しかしその中にはジェヒがいたがだれも気が付かない。
そうこうしているうちに記憶はなくしているがウンソウルはチェリムだとわかる。
そして同窓会が終わるとチョリムはジェヒに連れ去られる。

ムガクはジェヒの家にヨムミを助けに行く。
銃口を押し当ててどこに秘密の部屋があるのかと・・