ヨンワン様のご加護 あらすじ7話~9話

ヨンワン様のご加護 あらすじ7話

公募展に受かったから面接に来いとチョンイはいわれた。
父は喜ぶが母は面白くなさそう。
ジナは子供を産み途方に暮れていた。
チョンイは父が気になり面接にはいかなかった。
結局ジナがお金を借り、父は連帯保証人になっていたのだ。
父は試験を受けて来いといったので試験会場に行ったがもう終わっていた。
借金の1億を返そうと働き始めるチョンイ。
そして絵を封印した。
チョンイは出前をした先で草花が育っているので土がいいと育つかもと思う。
そこで勝手に種を植えた。
空港にプンドが、ジナがかえってきた。

ヨンワン様のご加護 あらすじ8話

プンドは散歩しながら蛍を見つけ、ホンジュが大切にしていたことを思い出す。
導かれるようにビニールハウスの中へ入る。そこにはチョンイが居眠りしていた。
電気がきれ人影を見かけたチョンイはバットを振り回す。
ジナは所長から彼はピアニストだと聞き慌てる。
チョンイはプんドを見つけて謝るが受け付けてくれない。
プンドは彼女の顔を見てチョンイなので驚く。
チョンイとプンドはネットニュースになっていた。あたかもプンドが暴力をふるってるようだ。
そしてプンドが誰か思い出した。
チョンイの父はまだチョンイがいるかと思いビニールハウスに行くとプンドがいた。そして携帯を貸してほしいと頼んだ。が、ライアンの番号を忘れた。
チョンイとネットニュースで話題になってると知ると頭突きをする。
そこにチョンイも来て・・・。

ヨンワン様のご加護 あらすじ9話

チョンイの家ではピアニストの手をケガさせたと大騒ぎ。
以前マネージャーからもらった名刺を出してきて電話をさせた。
ホテルは記者だらけだからしばらく身を隠していろとマネージャーは言う。
次の朝チョンイの所にも記者が来て大騒ぎ。
ジナは見習いは嫌だと訴えに行ったがはねつけられる。
ジナは会社の資料室に入りこみプンドが孫だとさぐりあてる。
プンドとチョンイは記者がいて見つかってしまった。プンドはマフラーでチョンイを隠してやる。
しかし家からチョンイの義母が出てきて私の甥だと説明する。
世論が落ち着くまで部屋を借りることになった。