世界で一番可愛い私の娘 あらすじ ネタバレ 67話~68話

世界で一番可愛い私の娘の出演者・キャスト

キム・ヘスク・・・パク・ソンジャ
キム・ソヨン・・・カン・ミリ
キム・ハギョン・・・カン・ミへ
ユソン・・・カン・ミソン
ホン・ジョンヒョン・・・ハン・テジュ
キ・テヨン・・・キム・ウジン

世界で一番可愛い私の娘のあらすじ

3人の娘の母は大忙し。ソルロンタン社長もしながら母もしている。
長女にミソン(ユソン)は結婚していて子供もいながら働いている。
次女はキャリアウーマンのミリ(キム・ソヨン)。
三女は小説家志望でニートのミヘ(キム・ハギョン)。この4人の日常生活を描く。

世界で一番可愛い私の娘 あらすじ ネタバレ 67話
テジュはインスクの弟と話している途中娘を捨てたことを初めて聞いた。
おじさんはスンヨンという娘がいたことを教えた。
どうしておいてきた?今はどうしてる?と聞いてもおじさんはわからない。
インスクの娘が気になっていたテジュはインスクに実の娘さんのことですが、どうなりました?と聞いた。

世界で一番可愛い私の娘 あらすじ ネタバレ 68話
テジュは会長になるために結婚したんじゃない。愛してるからだという。
テジュが恐縮すると、ミリは私もテジュを幸せにするために結婚したんだという。
インスクの娘が気になっていたテジュはインスクに実の娘さんのことですが、どうなりました?と聞いた。
会ってみたいと。
ミリはインスクの弟の店に来た。
弟はミリと気づき(インスクの娘とは気づきません)恐縮する。