世界で一番可愛い私の娘 あらすじ ネタバレ 41話~42話

世界で一番可愛い私の娘 あらすじ1話~100話 韓国ドラマ ネタバレ キム・ヘスク キム・ソヨン キム・ハギョン ユソン ホン・ジョンヒョン

作品概要

全100話
演出   キム・ジョンチャン
脚本   チョ・ジョンソン

出演者・キャスト

キム・ヘスク・・・パク・ソンジャ
キム・ソヨン・・・カン・ミリ
キム・ハギョン・・・カン・ミへ
ユソン・・・カン・ミソン
ホン・ジョンヒョン・・・ハン・テジュ
キ・テヨン・・・キム・ウジン

あらすじ

3人の娘の母は大忙し。ソルロンタン社長もしながら母もしている。
長女にミソン(ユソン)は結婚していて子供もいながら働いている。
次女はキャリアウーマンのミリ(キム・ソヨン)。
三女は小説家志望でニートのミヘ(キム・ハギョン)。この4人の日常生活を描く。

世界で一番可愛い私の娘 あらすじ ネタバレ 41話

テジュは父にミリの昇進も保護もいらないから手を出すなと言った。
有能な人だから自分の力で上げっていける人だからとテジュ。

テジュはインスクのとこへ行き、後継者にはなるがミリのことはまかせてほしいといった。

ミリに人事異動のメールが来た。
そこにはテジュの名前があった。常務取締役だとなっていた。

ミリは会社でテジュの姿を見てショックを受けた。

テジュは真っ先にミリを呼びだした。
ミリは泣きながらテジュの頬を叩くと辞表を投げつけた。

世界で一番可愛い私の娘 あらすじ ネタバレ 42話
ごちそうを用意するソンジャだったがミリは連絡もなく帰ってこなかったので心配する。
インスクは勝手には部屋に入ると望み通り消えてやるとそしてその代わり大切に育てたテジュを守るために呼び捨てにしたことを忘れる間と言って追い出した。
ミリは荷物を持って実家に帰ってきた。
泣いて休みたいというのでソンジャは何も言わない。
次の日の朝、ソンジャの店にテジュが訪ねてきた。