おすすめ 韓国ドラマ「世界で一番可愛い私の娘」あらすじ13話~16話

世界で一番可愛い私の娘 13話

アナウンサー時代から知っているのでよく知っています。娘さんが1人いるとか。その娘さんはどうしてます?とミリ。
遠慮がないのね。今はアメリカにいるとインスク。
インスクは帰りの車であんな質問をするなんて!と怒りに震えていた。
テジュは帰りにミリが一人で飲んでいるのを目撃する。そしてミリと一緒に飲むことにするてテジュ。
テジュは亡くなった母を忘れられないけど、父は完全に忘れて後妻と仲良く暮らしてると言う。
今日はソンジャが大量のキムチをつける日なのでミソンは遠慮したのだ。
しかし夫の断られたのでソンジャに娘のお迎えを頼む。
ミヘがウジンに二度と会いたくないとタンかをきって出たが元カレがミヘが契約したと思って出版社に挨拶に来たのだ。
結局ミヘは出版社で作家としてではなくアルバイトとして雇われた。
その代わり勤務後はここで小説が書きたいと交渉する。

世界で一番可愛い私の娘 14話

ミソンは旅行に行こうと友達に預けてたお金を返してもらった。
インスクは会社でミリに会うが冷たい態度をとる。そしてミリの事も調べ始める。
ミリはテジュを連れて外回りの仕事を教える。
ミリとテジュはご飯を食べに漢江まで来た。
ラーメンとおにぎりとトッポギで風邪にあたりながら食べるのは最高だ。
今度はミリが飲み物を買いに行こうと歩き出すと自転車に乗る
人とぶつかりそうになりテジュが助ける。しかしミリは足を痛めてしまった。
インスクは思い当たることがあり車を自分で運転して自分が子どもを捨てた店を訪ねる。義姉だったソンジャを。
ソンジャはインスクが訪ねてきたので驚く。

世界で一番可愛い私の娘 15話

ソンジャはインスクと見つめあう。
スンヨンはアメリカに?
これからも今までのように関わらないで過ごしてくださいとインスク。
塩をまき泣くソンジャ。
ミソンに泣いてきてほしいと電話するソンジャ。
ミソンは急いで駆けつけるとソンジャがミリの母親が来たと泣く。
ソンジャは前にミリが変なことをいってたので母親に会ったと思うと言う。
ミソンは明日ミリに会って確かめると言う。
ミソンはミリの家に向かった。
ミソンもミリが最近おかしかったと思い出す。そしていろいろ探りを入れる。
その時テジュが来た。ミソンは彼と勘違いしてテンション高め。
ミリは姉が渡せと言ったと総菜をテジュに持ってきた。
ソンジャにミリの家に男性が来たとチクるミソン。
それでも心配なソンジャ。

世界で一番可愛い私の娘 16話

ミリはテジュが暇なんですと言ったことからデートする。結構楽しそう・・・。
しかしミリは会長から呼び出される。
色々仕事のことを聞かれ、緊張のなかまずまず気に入られたようだ。
帰るときインスクとすれ違う。
インスクは会長に文句を言うがお前に許可を取る必要はないと一喝される。
会長の死んだ息子の嫁だから息子が死んだので他人だと言う。
ミソン夜ソンジャの電話で起こされる。
ソンジャは不安だと。なんで急に訪ねてきたのか。
6歳の時ミリは捨てられた。6歳と言えばミシンの娘のダビンと同じ年よ。その時に捨てられ1度も訪ねてこなかったのよ。となく。
一度も母親のことを尋ねなかった、幼い子が申し訳なくて恐縮してた姿を思い出すと胸が痛いと泣く。
会社の会議でミリはインスクにたてつく。それは娘がアメリカにいると言われたのを思い出しながら・・・。
インスクの部屋に呼ばれたミリはモノをぶつけられ、どういうつもりか!と怒鳴られる。

世界で一番可愛い私の娘の感想とOSTはこちら