韓国ドラマ 匂いを見る少女 あらすじ ネタバレ 6話

ユチョン、シン・セギョン 匂いを見る少女 韓国ドラマ6話

キャスト・出演者

チェ・ムガク・・・ パク・ユチョン
オ・チョリム・・・ シン・セギョン
クォン・ジェヒ・・・ ナムグン・ミン
ヨムミ・・・ ユン・ジンソ

あらすじ

妹を殺した犯人を捕まえるため警察官になったチェ・ムガク。
無感覚な警察官と匂いが見える少女のサスペンスラブコメディ。

匂いを見る少女 韓国ドラマ6話

クォン・ジェヒの家で夕食をしたチョリムはレストランでバイトもできるようになった

べクキョンは電話で3日後に海外に行くと言って荷物を片づけている。
ムガクが自分に怒ったことを思いだす。
べクキョンはチョリムが済州島の目撃者はだったのかと・・

チョン・べクキョンは待っていたがムガクの代わりにクォン・ジェヒが現れた。
そしてつかまってしまった。
ムガクは待ち合わせ場所にはだれもいなかった。

ムガクはバーコード殺人事件のバーコードを研究してバーコードの意味がすこしわかった。
殺人犯は殺した順番でバーコードを付け、、今回のバーコードの才簿の番号は060になるのでは?と・・・。

ジェヒはべクキョンの名前が書いてある本にバーコードを貼り付けた。