おすすめ韓国ドラマ「私だってお母さん」あらすじ9話~12話

私だってお母さんの感想

私だってお母さん9話

サンギョンが帰るとジヨンが桃をたくさん食べたと言うと義母は私と同じだと嬉しそう。
龍の夢を見たと言うと男の子かもしれないと嬉しそう。
TVをつけるとサンヒョクが写っていた。妻の浮気のことをきかれているようだ。
そしてもう一度信じてみようかと・・・とサンヒョク。
男の子だとわかりヒョンジュンと父は大喜び。
喜ぶ父を見てヒョンジュンも嬉しそう。
サンヒョクと妻は揉めていた。妻が子供が欲しいというのだ。
私にいい考えがあると言う。ドアホの妻中絶したくせに・・・。
一方サンギョンはジヨンに検査を受けさせた。
障害があるかどうかの検査で血液検査でわかると言う。
サンヒョンはカフェに来た。
そしてジヨンの隣のテーブルに座りジヨンの絵を見て会話をする。
そして捨てようとしたジヨンの作品をもらうサンヒョク。
サンヒョクは次の事業である化粧品のロゴにすると言った。
検査の結果ダウン症の可能性が高いとでた。
驚くギョンシンとジヨン。

私だってお母さん10話


検査の結果ダウン症の可能性が高いとでた。
はっきりとは羊水検査しかないとも医者が言う。なので羊水検査をすることになった。
しかし羊水検査をする人がジヨンと他の人を間違えてしまった。
ジヨンの検査結果が出た。ダウン症の確率が高いことになった。
ショックなサンギョンは確かかと確認すると泣きながら出ていった。
サンギョンは大きな病院でもう一度検査しようと言ってきた。
奇跡を信じて検査をしようとサンギョンが言ったがジヨンは反対した。
私の子供だから指図するなとサンギョン。
どうしてもと言うなら検査を受けるが結果が出るころは子供が大きくなり堕胎は違法だとジヨン。
どんな子でもうけいれようと・・・。
決めるのは私で主人と相談するとサンギョン。
夫に子供に異常があると相談したサンギョン。
しかしサンギョンは夫に薬が原因だとうそをつく。
ジヨンが精神安定剤を飲んだと言うのだ・・。

私だってお母さん11話


この子はあきらめようとヒョンジュン。
障害をもった子出産はさせないと言い切るサンギョン。
ギョンシンは夫を部屋に連れていた。義理の父に告白するの1日だけまってと。
サンヒョクの妻は、代理出産はあきらめて自分で産むと言う。
つわりもきついし仕事を休まないといけないぞとサンヒョク。
出来るわ。その代わり人工授精をしてと頼む妻。
排卵日は撮影があるから難しいから人工授精をと言う。
しつこくお願いする妻を途中でおろすサンギョン。
しかし妻は人工授精と言って採取した精子で代理出産しようと考えていた。
朝、サンギョンはヒョンジュンの両親に障害があることを告白した。
がっくりする両親。母は離婚して再婚しろと言う。
サンギョンはジヨンの所に行き子供をおろせと言った。
ダメだと反発するジヨン。
サンヒョクは人工授精のことを悩んでいた。
医者は兄たちには生まれないのでせめて一人だけでもと考え勧めた。
サンギョンはジヨンが中絶を拒否するのは契約違反だとあににでんわした。
障害を持った子をお前がそだてるのか?という兄の言葉を考える。
ジヨンはいよいよ中絶と言うとき逃げた。兄とサンギョンの手下を見てそこからも逃げた。

私だってお母さん12話


ジヨンは病院から逃げた。
兄からもサンギョンからも。
サンヒョクは精子を取りに来て保存した。
医者は精子は冷凍保存したから次の排卵日に試すと言う。
サンヒョクの妻はギョンシンさんみたいに代理母にすると言う。
医者は驚く。そしてさサンヒョクをだましたの?と怒る。
サンヒョクから電話をもらった医者は人工授精はいつする?と聞いたので本人に聞けと言った。
そこでサンヒョクは代理出産のことを知る。
サンヒョクは妻にお前がわからないと怒っ手出ていった。
事実を知ったショックなジヨンの母。2人はお互いのせいにしてののしりあう。
結局ジヨンはホテルに泊まった。
ヒョンジュンは父が泣いてるのを見て胸を痛める。
ジヨンはコンビニでおにぎりを食べながらわずかな残金にため息をつく。
兄はサンギョンに電話をしてジヨンと連絡がついたから今日中に中絶させると言う。
終わったらニセの診察記録と写真を送ると言う。
ジヨンはどこへいくともなくさまよっていた。