韓ドラ ヨンワン様のご加護 あらすじ ネタバレ 33話34話

ヨンワン様のご加護33話

チョンイは所長に会長に会わせてほしいとお願いした。本当のことを伝えたいと。
プンドはピルドゥに会いに行き、記憶が戻ってきてるかも・・と。そしてジナとは以前から知り合いか聞いた。
チョンイは会長が戻らないので心配して探しに行く。会長だとは知らないけれど。
プンドは会長になる決意をして変身しました。髪型とか、服とか、眼鏡とか・・・。
怪しげな男を見かけたのでチョンイが研究所に行くと所長の姿が見えないどころか、
所長と会長はうまく逃げたが会長という声が聞こえてしまったチョンイ。

ヨンワン様のご加護34話

所長と会長はうまく逃げたが会長という声が聞こえてしまったチョンイ。
所長の叔母と言ってた女性は会長だと言って手を差し伸べた。
そしてプンドを隣で守ってほしいと会長は言った。
私はピルドゥが危険な人物だと知らせたかっただけですとチョンイ。
それに彼は金の亡者だと思って私を信用してないとチョンイ。
会長に就任したプンドにジナは隣でサポーとすると言った。
チョンイは会長に説得されプンドを守ることにした。
そんな時美人画が盗まれたとピルドゥが騒ぎだす。