韓ドラ ヨンワン様のご加護 あらすじ ネタバレ 21話22話

ヨンワン様のご加護 あらすじ21話

ジナが声をかけても誰だかわからない。プンドは記憶喪失になっているみたいだ。
プンドは昔の記憶しかなくピルドゥを見て嬉しそうに駆け寄って行く。
ジナは恋人だと思われてるらしい。
プンドは記憶がなくなっても祖母にひどい言葉をかけられたことは覚えていて祖母に冷たく当たる。
ピルドゥがジナを家においては?と提案するがプンドの母親のように素性の知れない人はおけないという。
プンドはジナにそばに居て記憶が戻るのを助けてほしいと頼んだ。
2人を記者がかぎつけ二人の写真を撮る。
プンドに抱き着くジナと見つめるチョンイとシジュン。

ヨンワン様のご加護 あらすじ22話

以前チュボに女がいるとプンドが言っていたのはジナだと勘違いする。
そこにシジュンが来てプンドを助けたのはチョンイだと確認する。
ジナが退院すとこにシジュンが来てなんでジナが助けに来たことになってると!
そこで喧嘩になりジナの罪をシジュンがかばったことがジナの母にばれる。
チョンイがプンドの家に向かった。
プンドの実家にシジュンが来た。そこにチョンイも来て、困り果てるジナ。
一方プンドはチョンイの家を訪れる。