韓ドラ ヨンワン様のご加護 あらすじ ネタバレ 41話42話

ヨンワン様のご加護41話

食事の席でプンドは母が生前貸金庫に何かを預けていたらしい。しかし鍵が見つからないから忘れている過去の過去のことで手がかりがないかと言った。
チョンイが帰るとプンドに言うと送って行くと嬉しそうに言うプンド。
プンドが遅くなると聞くとピルドゥはプンドの部屋を探し始めた。
戻ったんだわと喜んで走ってプンドの部屋まで行くと、ちょうどプンドがジナに指輪を渡していた。
指輪を見てショックなチョンイ。

ヨンワン様のご加護42話

指輪を見てショックなチョンイはしどろもどろ。
プンドは新しいブランドのチームを作るのにジナに任せると発表した。
サポートにチョンイとプンドは言うのでチョンイは傷つくやらおこるやら。
元マネージャーからジナとジナの母親が組んでプンドの荷物を隠したり、チョンイのせいにしたりしたと聞いてチョンイは怒って実家に帰り母に文句を言う。
プンドの元マネージャーが来て、プンドはジナとは付き合ってなくて、チョンイに夢中だった。と教えた。写真は合成だと教えた。
そしてプンドは記憶が戻ったことを教えた。
チョンイは母親だと思っていた人の裏切りでとても傷ついた。

妹でしょう?とジナが言うと、もう妹じゃないとチョンイ。