韓ドラ 夏よお願い あらすじ ネタバレ 43話~45話

夏よお願いのあらすじ43話

ジュノは数か月でヨルムが戸籍に入る。実の子がいるのに他人の子を席に入れるのは不思議な気分だという。
ジュノはサンミにもう少し待ってくれと言った。グミとは長年連れ添ったからとジュノ。
病院ではサンミとジュノの仲と妊娠まで噂になってそれはサンウォンにも広まった。
そして母とグミが会うことも。
グミはお金を渡された。離婚しろと・・・。
そして離婚しないというグミに、養子より実施の方が可愛いはずという。
グミは泣き叫んでるのを見たジュノは泣かないでくれと抱きしめる。

夏よお願いのあらすじ44話

君の意見に従うというジュノに、離婚しなかったらお腹の子は?とグミ。
もし君が子供をそだててくれたら・・・という。
そんな時ジュノがヨルムのお遊戯会に行くことがサンミにも伝わった。
サンミはいうことは何でも聞くから離婚してくれという。
ジュノはサンミが産んだら私がそだててほしいと言ったのは最初は考えられなかったけど、サンミの態度で考えが変わったとグミ。
今からお遊戯階に行くというとき、サンミからメールで今から手術を受けると言ってきた。
ジュノはお遊戯会をキャンセルしてサンミの元へ行った。

夏よお願いのあらすじ45話

サンミは手術するから1時間以内に来いとメールをうったのだ。
今すぐ答えを出せというサンミにわかったとジュノ。
ジュノはサンミとお腹の子をとったのだ。
するとサンミは今日中にグミに話せという。

ジュノはグミに子供をあきらめられないと訴えた。子供の父親になるという。
家を出るというジュノにヨルムの父ではなかったのねとグミ。
サンウォンはおばからグミの離婚のことを聴いた。
グミはジュノを家に呼び、離婚しようと言った。