韓ドラ 私だってお母さん ネタバレ あらすじ 100話~102話

私だってお母さん 100話

サンヒョクの父の誕生日にはジヨンだけ駆けつけた。
ジヨンは家に帰ると仲直りしろというがサンヒョクは聞く耳を持たない。
ギョンシンは幸せなのにジェニーがかわいそうだとジヨン。
ギョンシンは知れば知るほど怖い人だとサンヒョク。
黙ってることが正しいのか?とサンヒョク。
ギョンシンのせいで下請けが倒産して社長が自殺した。これにより他の下請けも立ち上がりヒョンジュンたちは窮地に陥る。
ギョンシンは下請けの社長を集め海外の工場と契約すると言ったのだ。ますますあれるエイワン。
これにより下請け会社の社長が契約を解除すると騒ぎだした。
それを聞いたヒョンジュンの父はギョンシンをすぐにクビにした。
ギョンシンはジヨンの兄に会い、義父の運転手だった人を買収しろという。
ヒョンジュンはギョンシンがモンスターになったと嘆く。でもテウンがいるから離婚もできないと長く。
葬式に行った会長は殺人企業だと小麦粉を流られた。

私だってお母さん 101話

会長は小麦粉を投げられ、金もうけに走った罰が当たった。
責められて清々したと。自分で全部背負うつもりだという。
ジヨンの義父はヒョンジュンの為にギョンシンに役職を与えたが失敗だった。問題が多いと嘆く。
ヒョンジュンを会長にサンヒョクを副会長にして引退したいとも・・・。
会長の元運転手がマスコミにでてパワハラを受けたといった。
こうして謝罪会見は中止して真相解明をするように命令した。
ジェニーの役者復帰も決まった。
ギョンシンは解任されて後任者に調べられたら横領がばれると心配する。
ヒョンジュンの父は倒れ入院した。
何とか一命を取り留めた。
会長は種々は成功したがまだ意識は戻らない。サンヒョクは来るのが遅すぎた泣く。
ギョンシンは寝ている義父に悪態をつく。
このまま眠れと・・・。そして酸素吸入きに手をかけた。

私だってお母さん 102話
ギョンシンは思いとどまり部屋を出ていく。
ヒョンジュンとサンヒョクは会社の騒動を収集すべく相談しはじめた。
ヒョンジュンは父はお前に経営を任せたいとも思っている。
俺が会長で、お前が副会長だと。
ヒョンジュンはギョンシンを解任した。しかしギョンシンは文句たらたら。
ギョンシンは義父にすべて背負ってもらって二人で力を合わせようとヒョンジュンに言う。
エイワンの裏金疑惑が報じられた。
どうも本当に金が流れてたらしいとムン室長はヒョンジュンに伝えた。
ギョンシンは慌てふためいていたが、ヒョンジュンに聞かれても知らんかお。
おまけに義父だと言い出す。
ヒョンジュンは情けないことに父だと思ってしまう。
ヒョンジュンの辞任を求める声が聞こえだした。ヒョンジュンは辞める代わりにサンヒョクを会長にと言ったが反対されギョンシンをを言い出した。