韓ドラ 私だってお母さん ネタバレ あらすじ 106話~108話

私だってお母さん 106話

106話

ヒョンジュンはジェニーの母は誰かとサンヒョクに聞いた。
サンヒョクは想像してる人だと。
失望したというヒョンジュンにすがるギョンシン。
ジヨンが義父をマッサージしていると義父の指がピクリと動いた。しかし話しかけても反応がないのでジヨンはがっかり。
ジヨンの義母はインターネットでジェニーの母はjギョンシンだという記事を見てヒョンジュンに連絡をとる。
融資が断られたとヒョンジュンは困ってしまった。
ヒョンジュンが自ら銀行に行くといったが、サンヒョクの会社の株を担保にすれば貸してくれるかもと言われ迷う。
ジヨンの義父がとうとう目を覚ました。

107話
サンギョンがジヨンから義父が目を覚ましたと電話をもらう。
サンギョンはあせってた。まさか目を覚ますなんて。手をうたなきゃ・・・。
ヒョンジュンはギョンシンを告発した。だから今すぐやめろとギョンシンに迫る。
銀行も株主も皆ギョンシンにそっぽを向いた。ギョンシンの解任を求めたのである。
義母はテウンを隠し、ギョンシンの荷物をまとめた。
ギョンシンは家に帰ると荷物はまとめられ、テウンもいなかった。
ギョンシンは死んでも出ていかないと叫ぶので、義母はギョンシンを無理やり追い出した。
ギョンシンはホテルに行き、テウンを思い泣いた。
ジヨンが朝から病院に行くと義父がしゃべった。

108話

ジヨンの義父の意識が戻った。
ジヨンの義父はもう引退すると宣言した。
元運転手も偽証したと警察に行ったと義母が言う。
ギョンシンの悪事は次つぎ暴かれて生きサンウォンに送り込んだ手下にも逃げるわよと声をかけた。
ジヨンはギョンシンから電話をもらい最後にテウンに会わせてほしいと頼まれた。
ジヨンはヒョンジュンの許可をもらいギョンシンに会わせた。
ギョンシンはテウンと涙の別れをすると、逃げた。
ギョンシンの手下だった男はヒョンジュンの所に行き、ハッキングの件や、海外への送金ミスや、元運転手への支持もそうだと答えるとヒョンジュンは怒り狂った。
空港ではギョンシンは呼び出されたりしておろおろしていた。