おすすめ 韓国ドラマ「オレのこと好きでしょ」 感想

恋愛ドラマ

「オレのこと好きでしょ」

美男ですね。のヨンファとパク・シネが再び競演し、カン・ミンヒョクなどの豪華共演者でも話題になった作品がやってきた。
ヨンファがツンデレ男子に変身して乙女心をくすぐります。
新しいカップルの誕生です。

作品概要

韓国放送時 2011年6月29日 – 8月18日
MBC放送
全15話
演出  : ピョ・ミンス
脚本  : イ・ミョンスク

オレのこと好きでしょのキャスト・出演者

イ・シン・・・ヨンファ
イ・ギュウォン・・・パク・シネ
チョン・ユンス・・・ソ・イヒョン
キム・ソクヒョン・・・ソン・チャンウィ
ヨン・ジュニ・・・カン・ミンヒョク
ハン・ヒジュ・・・ウリ

オレのこと好きでしょのロケ地

北村韓屋マウル
ソウル芸術大学

オレのこと好きでしょの主な出演者の紹介

「イ・ギュウォン役」
(国楽科・カヤ琴専攻)
「パク・シネ」
シンと賭けをし負けてしまい、1ヶ月間シンのパシりをさせられる。
シンの意地悪に振り回されるが
何故か惹かれてしまう。
いじられ涙ぐましい系女子

「イ・シン役」
(実用音楽科・ギター専攻)
「チョン・ヨンファ」
ストゥーピット・ギター&ボーカル担当
ステージでの格好良さにファンが居る
時には、告白もされるが全て断っている
実は、想いを寄せている相手がいる。
俺様ツンデレ系男子

「キム・ソクヒョン役」
(舞台演出家)
「ソン・チャンウィ」
ニューヨークで成功を収めて帰って来たミュージカルの演出家
以前、ユンスと交際していた。
大人な男性

「チョン・ユンス役」
(舞踏家教授)
「ソ・イヒョン」
以前、舞台演出家のソクヒョンと交際していた。
昔、脚を怪我をした後遺症でバレエが踊れない

「ハン・ヒョジュ役」
(演劇科・理事長の娘)
「ウリ」
演劇科で理事長の娘ヒョジュは、理事長の娘という肩書きを気に入っていない。
体重に執着している傾向があり
頻繁に体重を確認したり、あまり食べ物を食べない。
わがままお嬢様系女子

「ヨ・ジュニ役」
(文芸創作科・シンのバンドメンバー)
「カン・ミニョク」
いつも、「お腹空いた~」と言ってる不思議系男子のジュニは、大学での服装はダサめだがライブ活動ではカッコいい服を着ている。
一途なピュア系男子

「ヒョン・ギヨン役」
(演劇科復学生)
「イ・ヒョンジン」
舞台演出家・ソクヒョンに、舞台に出演して欲しいと頼まれるが、舞台恐怖症の彼は
悪戦苦闘する、

「チャ・ボウン役」
(国楽科・ギュウォンの友人)
「イム・セミ」
ギュウォンの友人であり、風花のメンバー。
一時は、ジュニのことが気になっていたが上手くいかない。

イ・ドンジン役
(パンソリ・人間国宝、ギュウォンの祖父)
シン・グ

パンソリの人間国宝であり
ギュウォンの祖父、ギュウォンに対して厳しい部分も多いが根は優しいおじいちゃん。

イ・ソンギ役
(ギュウォンの父)
ソヌ・ジェドク

ギュウォンの祖父・ドンジンに勘当され
家を追い出された。

昔、シンの母親・ジヨンと交際していた。

ソン・ジヨン役
(イ・シンの母)
イ・イルファ

シンの父親・ヒョンスと以前結婚していたが、その後離婚
現在は、シングルマザーとして子供を育てている。
昔、ギュウォンの父親・ソンギと交際していた。

イ・ヒョンス役
(イ・シンの父)
ソ・ボムソク

シンの母親・ジヨンと離婚後
子供と会っていない

イ・ジョンヒョン役
(イ・シンの妹)
ムン・ガヨン

シンに溺愛されている妹

オレのこと好きでしょのあらすじ

「美男〈イケメン〉ですね」でお馴染み
ジョン・ヨンファとパク・シネが遂に
ラブロマンスを繰り広げる作品が登場しました。
「美男〈イケメン〉ですね」を観ていた韓国ドラマファンの方は、ご存じかと思いますが「美男〈イケメン〉ですね」での
ジョン・ヨンファとパク・シネはソム(友達以上恋人未満)の雰囲気を醸し出しながらも
結局は、パク・シネ演じるコ・ミニョとチャン・グンソク演じるテギョンが恋人同士になるという結末に
多くの女性ファンががっかりしたポイントでしたよね
しかし、今作「オレのことスキでしょ」では韓国ドラマらしい
ソム(友達以上恋人未満)を焦れったく表現しながら物語が進みます。

オレのこと好きでしょの感想

韓国ドラマあるあるでは、ありますが
俺様ツンデレ系のシンは
ドラマの序盤では、ツンデレなのに
中盤、後半からはツンデレのツンの要素はさほどない。
主人公・ギュウォンに対して「冷たいな」「ひどいな」など思う節々が多く
そんなシンに惹かれるギュウォンを切なくなるシーンも度々登場しました。
シンがギュウォンに告白をして「交際を公にしたくない」と言われてしまいかなり落ち込んで居たんですけど
それを見てて、私がそんな事言われたら
落ち込んでご飯も食べれないって考えましたね
このドラマで、有名なシーンといえば
シンがギュウォンを、自転車の後部に乗せるも「重いから自転車から降りて」って
女性として一番言われたくないセリフですよね
体重というデリケートな話をするなんてシンって女性にモテるのにデリカシーが無いなって思いました。
シンとギュウォンの家庭環境は、片親育ちという共通点もあります。
しかし、長年会っていなかったシンの父親・ヒョンスとシンの再会
ヒョンスは寿命があまりなく、シンにも
父親となかなか名乗ることが出来ませんでしたね。
このドラマ「オレのことスキでしょ」を観た日本視聴者の感想は賛否両論で
面白い、楽しかったなど肯定的な意見もあれば
面白いと勧められて観たが、全然面白くなかったなどの感想もありました
当時、韓国での視聴率も7%と比較的数字となりました。
個人的な感想としては、パク・シネの安定した演技力と、ジョン・ヨンファの初主演ドラマという部分だけでも、観たくなる作品でした。
いかがでしたか?50代おばさんのおすすめ韓国ドラマの独断と偏見の感想でした。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
貴女もオレのこと好きでしょ見てみませんか?