おすすめ韓国ドラマ「トッケビ」OST・キャスト・視聴率・ロケ地

韓ドラの感想

~わびしく燦爛な神-鬼(トッケビ)~

トッケビのロケ地

中央高校
安国駅(アングク駅)付近
雲?宮(ウニョングン)の洋館
cafe ZION 京畿道
そば畑 麦の国鶴原(ハグオン)農場

作品概要

韓国放送時 2016年
tvN放送
全16話
視聴率平均20.5
脚本    キム・ウンスク
演出    イ・ウンボク

トッケビのキャスト・出演者

コン・ユ ・・・鬼/キム・シン
キム・ゴウン・・・チ・ウンタク
コン・ユ<・・・死神 ユ・インナ ・・・サニー ユク・ソンジェ(BTOB) ・・・ユ・ドクファ

トッケビの主な出演者の紹介

トッケビ役/キム・シン役コン・ユ
年齢は900歳以上、高麗時代は武臣として活躍していたが当時の王 ワン・ヨに逆賊だと誤解され殺されてしまうも
突然、トッケビという存在になる
トッケビの花嫁と出会い無になることを望んでいる

チ・ウンタク役キム・ゴウン
産まれてから父親が居なかったが、幼い頃に母親を無くし親戚の家で育った。
親戚の家では、家政婦の様な扱いを受け
不遇な人生だったが
トッケビと出会い自分が”トッケビの花嫁”だと気付く

死神役イ・ドンウク
年齢は不明だが、過去の記憶や名前も無い
ウンタクとは、以前会ったことがあり
死神は、ウンタクを「処理漏れ」と呼んでいる。

サニー役(チキン店の社長)ユ・インナ
ウンタクが働くチキンも店の社長で、本名はサニーという名前ではないが明るいイメージを持ってもらう為、サニーと名乗っている。
明るくセクシーで情に脆い人物。


ユ・ドクファ役(キム・シンの親戚)ユク・ソンジェ(BTOB)

シンの親戚でユ・シヌ会長の孫、お金にだらしない性格だが笑顔が憎めない

ユ・シヌ役(会長)キム・ソンギョム
シンの親戚兼、身の回りのお世話係をしている。
シンとは血縁関係の親戚では無いが、ユ・シヌの先祖がシンと主従関係となった。

キム・ドヨン役(会長秘書)チョ・ウンジ
会長秘書という枠組みを越え、会長の孫・ドクファとも繋がりがある。
家族以外は知らない、シンの存在も知っている。

謎の老婆役/赤い服の女性役イエル
ウンタクの産まれる前からウンタクの事を知っており、ウンタクを陰ながら支える謎の存在

王 ワン・ヨ役(高麗時代の王)キム・ミンジュ
高麗時代の王であり、当時武臣だったシンを逆賊扱いをし死に追いやった人物

王妃 キム・ソン役(ワン・ヨの妻)キム・ソヒョン
王妃であるソンは、武臣・シンの妹だったがシンが逆賊で殺されてしまった時に
ソンも殺されてしまう

パク・チャンホ役(王 ワン・ヨの側近)キム・ビョンチョル
王 ワン・ヨの側近であることを利用し、王を裏で操っていた人物

トッケビの見所

~コン・ユ~
4年ぶりのドラマ出演となるコン・ユ
2007年放送ドラマ「コーヒープリンス1号店」で人気に火が付き
その後は、ドラマ出演よりも映画に多く出演していました。
主要キャストとしてドラマに出演することで国内外からも注目された作品になりました。

~キム・ゴウン~
2012年初主演映画「ウンギョ 青い蜜」にて女優デビュー
この作品で、国内外から評価されました。
キム・ゴウンは実力派女優として大変評価され
2014年映画「コインロッカーの女」でシリアスな役柄を演じました。
ドラマデビューは「恋はチーズイン・トラップ」です。

~キム・ゴウンとコン・ユについて~
キム・ゴウンとコン・ユはお互いに、映画出演経験も多く。
シリアスな役柄からお茶目な役柄までこなせることから
「トッケビ」がファンタジー系ラブロマンスドラマという
表向きな評価だけでなく
二人の演技力も評価される作品となりました。

トッケビの感想

ここ最近のドラマの中で、心を揺さぶられる内容になっていました。
トッケビ=鬼、という翻訳になりますが、韓国では不思議な力を持ち幸福を与えてくれる存在として有名です。
切ない内容の中にも、キム・シンと死神のブロマンス的な内容を詰め込んだり,死神とサニーのラブロマンスが描かれたりと
ドラマなのに詰め込み過ぎでは?と思う方も多いかもしれませんが、1話あたり一時間以上の放送や、画質が映画な並に綺麗。
シーンに合わせたOSTと豊富さなど、「もう、これって映画だよ」なんて突っ込みたくなること間違い無しの作品ですね。
コン・ユは演技が上手な役者さんと言う認識はありましたが、好きなタイプの男性ではなかったのですが、トッケビのコン・ユさん、かっこよすぎです。
どうしたらあんな悲しそうなトッケビを助けられるのか、あの剣が刺さったままのトッケビをたすけられるのかと思ったものです。
今までのコン・ユさんの中で一番です!!男が好きになって苦しむコン・ユさんもおもしろかったですが。
個人的にはイ・ドンウクの死神も絶妙に面白かったです。特に二人がキム・ゴウンを助けに来るところはかっこよかったですね!!
年甲斐もなくトキメイテてしまいました。ドラマとか映画って時を忘れるから好きです。
私も助けられたい。(笑)
そしてキム・ゴウンはまだ新人なのにそんなことを感じさせない堂々とした演技です。
そうそうたる役者に囲まれたいしたものです。
でも私はユ・インナの方が好きでなんとも不思議な雰囲気を醸し出していて、その雰囲気作りは彼女にしかできないようなきがするのです。
トッケビ全話を2回観ましたが、何度観ても、新しい発見が出来るドラマです。
いかがでしたか?50代おばさんのおすすめ韓国ドラマの独断と偏見の感想でした。 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
あなたも「~わびしく燦爛な神-鬼(トッケビ)~」見てみませんか?

OST

EXO チャンヨル&パンチ – Stay With Me
엑소 찬열, 펀치 (EXO CHANYEOL, PUNCH) _ Stay With Me [MV]

スポンサーリンク
韓ドラの感想
スポンサーリンク
ソナをフォローする
50代おすすめの韓国ドラマとスマホアプリ