おすすめ韓国ドラマ「ハッピー・シスターズ」 感想

韓ドラの感想

おばさんが美しく目覚める「ハッピー・シスターズ」

夫の不倫、裏切りそして離婚で人生が一変したイェウォン。
自分自身の本当の姿を再発見していくストーリー。
おばさんが美しく輝き、自分を取り戻すホームコメディ!

作品概要

韓国放送時 2018年
放送局   SBS
話数   全120話
演出   コ・フンシク
脚本   ハン・ヨンミ

ハッピー・シスターズのキャスト・出演者

シム・イヨン・・・ユン・イェウン
ハニョン・・・ユン・サンウン
オ・テギュ・・・チェ・ジェウン
カン・ソジュン・・・イ・ジンソプ
カン・ソジュン・・・ミン・ヒョンジュ
パン・ソヨン・・・チョ・ファヨン

姉は生きているの主な出演者の紹介

『シム・イヨン』 
誕生日      1980年1月31日
出演作    、運命と怒り、客 The Guest、30だけど17です、私の彼はエプロン男子
        ハッピー・シスターズ、ソロモンの偽証、ハイクラス、青い海の伝説
 ビューティフル・マインド、ドキドキ再婚ロマンス~子どもが5人、失踪ノワールM
     離婚弁護士は恋愛中、美女の誕生、奇皇后、怪しい家政婦、結婚の女神
     百年の遺産、ヴァンパイア検事2 、棚ぼたのあなた、メリは外泊中、ローファーム
『ハニョン』 
誕生日  1978年12月16日  
出演作  ハッピー・シスターズ、私の婿の女、パパはスーパースター!?、お母さんが何だって、まるごとマイ・ラブ
  、
『オ・テギュ』 
誕生日  1968年1月18日  
出演作  ハッピー・シスターズ、女を泣かせて、熱愛、オーロラ姫、蒼のピアニスト
 素敵な人生づくり、妻のリベンジ、怪しい三兄弟、天使の誘惑、糟糠の妻クラブ
 愛も憎しみも、ファン・ジニ、マイ・ウェイ、愛は奇跡が必要、サンシャイン・オブ・ラブ
     新・若草物語、太陽人イ・ジェマ、メディカルセンター、北の駅から(第2部)
     恋の香り、砂の城

『カン・ソジュン』 
誕生日   1986年 8月 2日  
出演作   ハッピー・シスターズ、愛の香り~憎しみの果てに~、愛人がいます、秘密の扉
      熱愛、狂気の愛、ペク・ドンス、カムバックマドンナ~私は伝説だ
      妻が帰ってきた、緑の馬車
 
『イ・シガン』 
誕生日  1987年05月01日  
出演作   ハッピー・シスターズ
 
『パン・ソヨン』 
誕生日   1988年3月22日   
出演作   ハッピー・シスターズ、王女の男,キッドギャング、アイ・アム・セム 

 

ハッピー・シスターズの主な出演者の紹介

イェウン(シム・イヨン)は毎日姑と小姑にいびられていた。
それでも夫のジンソプ(カン・ソジュン)を支えるためにがまんした。
夫の浮気が発覚する。
愛人の元へ走る夫。
いつしか姑も小姑も敵になる。
イェウンは家庭を守るために頑張るが孤立無援となり・・・。

ハッピー・シスターズの感想

イェウン(シム・イヨン)が姑や小姑からいじめられただけでも私なら耐えられないのに夫まで浮気してなんでしがみついてるのかさっぱりわかりませんでした。
ただただ腹立たしいだけです。でも実際は知りませんがこのやりすぎ感が韓ドラなんですよね。
最初はこのどろどろがしんどかったですが、今は少しはどろどろしないと・・。こう思うなんて人間って変わるもんですね。
途中でファヨンの悪だくみがわかるのに誰もきずかないのが腹立たしくて・・。
何で気づかないの?とテレビに向かって言いました。

イェウン(シム・イヨン)のお人よしも腹が立つし、ファヨンにも腹が立つししんどいドラマでした。
ただ、ホットするのがイェウン(シム・イヨン)を愛するイ・シガン演ずるミン・ヒョンジュです。
必死で愛する人を励まし、守ります。こんな人に愛されたらいいですよね。女冥利につきます。
ところで余談ですがヒョンジュ役は新大久保から生まれたアイドルグループKINO出身だそうです。
なんだか身近に感じますよね。まだ出演作が一つだけですがこれからも韓ドラにどんどん出てほしいですね。

このドラマをまとめると、ファヨンが怖かったですね。(笑)
一番印象に残ってます。これにつきます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
「ハッピー・シスターズ」をあなたも見ませんか。

スポンサーリンク
韓ドラの感想
スポンサーリンク
ソナをフォローする
50代おすすめの韓国ドラマとスマホアプリ