おすすめ韓国ドラマ「リメンバー~記憶の彼方へ~」

恋愛ドラマ

ユ・スンホのヒューマン・ラブサスペンスドラマ「リメンバー~記憶の彼方へ~」

大人になったユ・スンホの除隊後初のドラマ。
検事イ・イナを演じるはパク・ミニョン。
次々と起こる事件に衝撃のヒューマン・ラブロマンス。

作品概要

韓国放送時2015年
SBS放送
全20話
脚本    ユン・ヒョンホ
演出    イ・チャンミン

リメンバー~記憶の彼方へ~のキャスト・出演者

ユ・スンホ ・・・ソ・ジヌ
パク・ミニョン・・・イ・イナ
パク・ソンウン・・・パク・ドンホ
ナムグン・ミン・・・ナム・ギュマン
チョン・ヘソン・・・ナム・ヨギョン

リメンバー~記憶の彼方へ~の主な出演者の紹介

『ユ・スンホ 』
誕生日  1993年 8月 17日
出演作  プレーヤー、ロボットじゃない、仮面の王イ・ソン、想像ネコ~僕とポッキルと彼女の話~、リメンバー~記憶の彼方へ~、会いたい、アラン使道伝(サトデン)
     プロポーズ大作戦、ペク・ドンス、欲望の炎、ドラゴン桜、美男<イケメン>ですね、善徳女王、王と私、太王四神記、先生はエイリアン、悲しき恋歌  
     不滅の李舜臣、あんぱん、拝啓、ご両親様、ラブレター
『パク・ミニョン 』
生年月日  1986年3月4日
出演作  キム秘書がなぜそうか?、七日の王妃、リメンバー~記憶の彼方へ~、ヒーラー、弁護士の資格~改過遷善、Dr.JIN、栄光のジェイン、シティーハンター
     ランニング~夢のその先に~、トキメキ☆成均館スキャンダル、幻の王女チャミョンゴ、アイ・アム・セム、思いっきりハイキック!
『パク・ソンウン 』
生年月日   1973年1月9日
出演作    空から降る一億の星、ライフ・オン・マーズ、ウラチャチャワイキキ、マンツーマン、元カレは天才詐欺師~38師機動隊~、リメンバー~記憶の彼方へ~
       身分を隠せ、優雅な女、イケメンアイドル☆ビッグヒート、栄光のジェイン、バーディーバディ、階伯(ケベク)、まるごとマイ・ラブ、アテナ チニョン
       製パン王キム・タック、カインとアベル、エデンの東、太王四神記、幸せな女、太陽の誘惑
『ナムグン・ミン 』
生年月日  1978年3月12日
出演作   フンナムジョンウム、操作、マンツーマン、キム課長とソ理事、ドクターズ~恋する気持ち、野獣の美女コンシム、リメンバー~記憶の彼方へ~
      匂いを見る少女、マイ・シークレットホテル、12年ぶりの再会、失業手当ロマンス、ホジュン~伝説の心医~、清潭洞(チョンダムドン)アリス
      私の心が聞こえる?、セレブの誕生、ある素敵な日、バラ色の人生、かけがえのない我が子、真珠の首飾り
『チョン・ヘソン 』
生年月日   1991年4月29日
出演作    あなたが憎い!ジュリエット、疑問の一勝、マンホール~不思議な国のピル~、キム課長とソ理事、雲が描いた月明り、結婚契約、リメンバー~記憶の彼方へ~
       オー・マイ・ビーナス、私の娘はスーパーウーマン、ディア・ブラッド~私の守護天使、傲慢と偏見、気分の良い日、じゃがいも星、TEN2、花ざかりの君たちへ
       チング~愛と友情の絆

リメンバー~記憶の彼方へ~のあらすじ

平和に父子で暮らすジヌだが父が無実の罪で刑務所に入り無念の死を遂げる。記憶力が良いジヌは無念をはらすため弁護士になる。
何度も立ちはだかる壁にも負けず立ち向かう。
その過程で知りあうイナ。過酷な人生の中で心安らぐ出会いではあるが、悲しい現実が・・・。

リメンバー~記憶の彼方へ~の感想

前半は息詰まる攻防戦でどんどん進んでいきますが最後は切ないラブストーリーになってます。
ユ・スンホですが彼は子役から出てるので出演作が沢山あります。会いたいが10代最後の策で、この>リメンバー~記憶の彼方へ~が除隊後初のドラマになります。
とても若いユ・スンホの作品になりますが年齢を感じさせない骨太の作品になります。
挫けずに何度も立ち向かう姿に、やっと見つけた愛に感動します。そして厳しい現実を切なく演じて見る者の心をはなしません。
余談ですが、私はイケメンですねをきっかけに韓国ドラマを見初めたのですがユ・スンホが出てるみたいですね。う一回見てみようと思いました。(笑)
パク・ミニョンはいつもユ・スンホの味方でまっすぐ立ち向かいます。最後は印象的でしたね。
彼女は途中整形手術をしたと告白してましたが、関係ないですね。女優は演技ができればいいんです。美しいだけではだめなんです。そんなことを証明したと思います。
パク・ソンウンですがこのドラマでは最後の納骨堂のシーンが余りにも印象的で・・・。涙が止まりませんでした。
どの作品も強面の役が多くそんな印象を持っていましたがウラチャチャワイキキの彼は最高でした。秀作ではないと思いましたが彼の面白い一面をみるのはいいかもしれません。
ナムグン・ミンですが私の中でこの人の作品をみてれば失敗ない人が何人かいるのですが、彼はその一人です。
どの作品もいいですが今回もいいですね。彼の悪役は本当に怖いです。ちょっと癖のある演技ですが見てたらそんなことは忘れてしまいます。
チョン・ヘソンは正義感あふれる女の子を演じています。いいも、私の見た限りではオキャンな役が多かったのですがここは複雑な女の子の役をしています。
だんだん演技力がついてきたのでこれから楽しみな女優さんですね。
いかがでしたか?50代おばさんのおすすめ韓国ドラマの独断と偏見の感想でした。 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
「リメンバー~記憶の彼方へ~」をあなたも見てみませんか?