太陽を抱く月

時代劇

子役の凄さ、いや主役の凄さがわかる「太陽を抱く月」

最高視聴率46.1%を記録した2012年最高の話題作!!
忘れられぬ初恋。ただひとりの君―。
若き王と美しき巫女の哀しく切ない宮中ラブロマンス。

作品概要

韓国放送時 2012年
放送局  MBC
話数 全20話
演出 キム・ドフン、イ・ソンジュン
脚本 チン・スワン

太陽を抱く月のキャスト・出演者

ホ・ヨヌ・・・ハン・ガイン
イ・フォン・・・キム・スヒョン
陽明君・・・チョン・イル
ポギョン・・・・・キム・ミンソ
ホ・ヨム・・・ソン・ジェヒ

子供の頃
ウォル・・・キム・ユジョン
イ・フォン・・・ヨ・ジング
陽明君・・・イ・ミノ
ポギョン・・・・・キム・ソヒョン
ホ・ヨム・・・イム・シワン/ZE:A

太陽を抱く月の主な出演者の紹介

イ・フォン 王世子  ※後の王 /キム・スヒョン <子役:ヨ・ジング>
月を恋い慕う太陽。
君子然として賢明な王世子。
出演作 プロデューサー,星から来たあなた,太陽を抱く月、ドリームハイ2、ドリームハイ、ジャイアント 、クリスマスに雪は降るの?、キムチ・チーズ・スマイル

ヨヌ、ウォル(月)/ハン・ガイン <子役:キム・ユジョン>
ヨヌは、太陽を抱く月。
弘文館大提学(ホンムンガンテジェハク)ホ・ヨンジェの息女で、ヨムの妹。フォンの初恋。
出演作  ミストレス、太陽を抱く月、赤と黒、魔女ユヒ、Dr.ギャング、新入社員、愛情の条件、黄色いハンカチ 、太陽の誘惑

ヤンミョン/チョン・イル <子役:イ・ミンホ>
太陽を遮る孤独な光。
出演作  ヘチ、シンデレラと4人の騎士、ステキな片想い、夜警日誌 、黄金の虹、オフィスの女王、太陽を抱く月、ハイキック3~短足の逆襲~、美男<イケメン>ラーメン店
     私の期限は49日、明日に向かってハイキック、お嬢さまをお願い!、美賊イルジメ伝、クク島の秘密、思いっきりハイキック!

ホ・ヨム/ソン・ジェヒ <子役:イム・シワン>
羽をもがれた火炎。ヨヌの兄であり、フォンの学問の師。
出演作  バベル、皇后の品格、甘辛オフィス、ウラチャチャ My Love、不滅の恋人、マッド・ドッグ、あなたは贈りもの、僕は彼女に絶対服従~カッとナム・ジョンギ~
     きっと☆うまくいくよ! 、家族なのにどうして?、私だけのあなた、ずっと恋したい 、ホジュン~伝説の心医~、欲望の仮面、屋根部屋のプリンス  
     太陽を抱く月、愛してよかった、ロードナンバーワン

ユン・ボギョン(宝鏡)世子嬪役 ※後の王妃 /キム・ミンソ <子役:キム・ソヒョン>
月を仰ぐ鏡。
宮殿の人々から篤く遇される温和で淑やかな世子嬪。
出演作  魔女の法廷、アイムソーリー カン・ナムグ、交渉人、バラ色の恋人たち、グッド・ドクター、7級公務員、太陽を抱く月、童顔美女、大丈夫、パパの娘だから
     赤と黒、トキメキ☆成均館スキャンダル 、愛してる

太陽を抱く月のあらすじ

2つの太陽と1つの月が存在してしまったのは天のいたずらが悲しい恋がはじまる。
“朝鮮王朝の世子・イ・フォンと世子嬪・ホ・ヨヌは、運命に導かれるように恋に落ちるが、朝廷の権力争いの陰謀によって、婚礼を目前にヨヌは原因不明の病気にかかり死んでしまう。
8年後、フォンは王に即位するが、彼はヨヌを忘れられず心を閉ざしていた。しかし、死んだはずのヨヌは、過去の記憶を失い、巫女・ウォルとしてフォンの前に現れる。”

太陽を抱く月のみどころ

韓国ドラマは最初はつまらなくて早送りすることが多いのですが、この作品は最初から面白かったです。というのは、子役が揃って演技がうまいのもあると思いますが、
脚本も良く、キャスト選びもうまかったのでしょう。子役時代が長くても面白かったのは大変興味深い作品でした。
そしてこの子役のままいけばいいのに・・と思ったものでした。
しかし、さすがに、ハン・ガインとキム・スヒョンです。すぐに子役の存在をわすれてしまいました。(笑)
そして、この時の子役が、今主役をやるようになりましたね。そしてその作品を見るとさすがです。みんな演技が上手で、そういう意味でもこの作品は凄い子役を集めた作品でもありますね。
ハン・ガインとキム・スヒョンですが、切ない恋を描いているので、涙が止まらない作品です。
ただ!見るからに子役のときにはなかった歳の差が大人になって随分開き、ちょっとそこがミスキャストだったように思います。明らかに違和感がありましたが、そこは演技と脚本で
無理やり違和感をねじ伏せた感じです。
でも、アイドル歌手をキャストしなかったのがこの作品の高視聴率を生んだのではないでしょうか。
キム・スヒョンはさすがです。どの作品もみてますが、決して好みのタイプではないですが、その役その役で私を、50代のおばさんを虜にするんです。
おすすめが多すぎてえらびきれないのも、キム・スヒョンの特徴です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
あなたも黄金色の私の人生を見てみませんか?

スポンサーリンク
時代劇韓ドラの感想
スポンサーリンク
ソナをフォローする
50代おすすめの韓国ドラマとスマホアプリ