美男〈イケメン〉ですね

恋愛ドラマ

美男〈イケメン〉ですねの ロケ地

 
The Garden of Morning Calm
WesternDom

美男〈イケメン〉ですねの キャスト

 
コ・ミニョ/コ・ミナム役(シスター)パク・シネ
孤児院育ちの、ミニョとミナムはお互いに支え合いながら成長しました。
ミナムは、アイドルを目指し、
ミニョは、修道院で生活しながら
立派な修道女になることを夢見ていた。

ファン・テギョン役(A.N.JELLのメンバー・作曲、ピアノ担当)チャン・グンソク
生活感も人間味も無い、プロのアイドルテギョン
ツンデレキャラで、ニヒルな微笑みしか見せないテギョンには隠された出生の秘密が、、、

カン・シヌ役(A.N.JELLメンバー・ベース担当)ジョン・ヨンファ
地方出身で、心が広く優しいシヌだが
優しすぎる余り空振りばかり。

ジェルミ役(A.N.JELLメンバー・ドラム担当)イ・ホンギ
少年の様な王子キャラなジェルミ
キラキラの笑顔の中にも、きちんと周囲に気を遣っているムードメーカー

ユ・ヘイ役(国民の妖精・大人気女優)ユイ
国民の妖精と言われているユ・ヘイだが
かなりの策略家で、テギョンと偽装交際をしていた。

マ・ワン役(A.N.JELLのマネージャー)キム・イングォン
特技は頼み込み。
ミニョにも特技の頼み込みで
男装をさせて、ミナムとしてアイドル活動をさせた。
情に厚く、マネージャーとしても最高な人物

ワン・コーディ役(スタイリスト)チェ・スウン
ミニョが女性だということを、友人のワン
に言われ男装の手伝いをする。
見た目はキツいコーディだが、情に厚く
断れないタイプ

アン社長(A.N.企画社長)チョン・チャン
いつも笑っていて何を考えているか分からない人物。
ミニョを完全にミナムだと思っていた。

美男〈イケメン〉ですねの みどころ

 
子役出身のチャン・グンソクとパク・シネの安定した演技力に加え、パク・シネの歌声を聞ける作品です。
演技初心者と思えないジョン・ヨンファとイ・ホンギの自然な演技にも注目です。
ジョン・ヨンファとイ・ホンギは、バンド系アイドルとして活動しており
この作品をきっかけに本格的な演技に挑戦し演技ドル(演技+アイドル)の才能を開花させました。
「イケメンですね」、「コーヒープリンス1号店」をきっかけに男装をする韓国ドラマが増えました。

美男〈イケメン〉ですねの感想

 
2009年放送ドラマ「美男〈イケメン〉ですね」は、当時の私にはかなり衝撃的なドラマでした。
シヌ役には、日本でも知名度のある
CNBLUEのジョン・ヨンファに、ジェルミ役には、FTISLANDのイ・ホンギと豪華な配役。
そして、世間知らずのシスターが兄の代わりに男装してイケメン3人に囲まれちゃうなんて
現実では絶対あり得ないからこそ
非現実的な世界観に毎回胸がドキドキしました。
ミニョが女だといつバレるのか毎回ハラハラしたりドキドキしたり
中毒性のあるドラマに、国内外からも人気爆発
その後、2011年に日本でリメイクされた
「美男〈イケメン〉ですね」が放送され
2013年に台湾でもリメイク放送されました。
韓国ドラマファンが、必ず観たのではないかという作品ですよね
何度観ても観たくなる中毒性や
ツンデレのテギョンが話数を重ねる毎に
人間味のある性格が表れたり
シヌの優しさと、優しすぎる余り空振りしてしまう焦れったさに焦れキュンしました。
ジェルミの子供っぽさの中にも、周りを明るくする愛されムードメーカーキャラに
気まずいシーンをクスッと笑わせてくれる
存在でしたね。

美男〈イケメン〉ですねのOST

 
Promise – A.N.JELL