おすすめ韓国ドラマ「鶏龍仙女伝」 感想

韓ドラの感想

心優しい仙女に会える「鶏龍仙女伝」はおすすめファンタジーロマンス!

「仙女と木こり」の童話をモチーフにした人気のウェブ漫画を原作にしたファンタジーロマンスです。
こんな純粋な仙女様なら会ってみたいと思わせる作品でした。
ムン・チェオンの演技力がさえるドラマでした。

作品概要

韓国放送 2018年
tvN放送
全16話
脚本:ユ・ギョンソン
演出:キム・ユンチョル

鶏龍仙女伝のキャスト・出演者

ムン・チェウォン・・・ソン・オクナム
コ・ドゥシム・・・ソン・オクナム
ユン・ヒョンミン・・・チョン・イヒョン
ソ・ジフン・・・キム・クム
gugudanのカン・ミナ・・・ジョムスン

鶏龍仙女伝主の出演者の紹介

『コ・ドォシム』
生年月日  1951年5月22日
出演作   鶏龍仙女伝、私のおじさん、パーフェクトカップル、最後から二番目の恋、ディア・マイ・フレンズ
      嫁は崖っぷちアイドル、お願い、ママ 、上流社会、伝説の魔女 、春の輪舞曲(ロンド)、温かい一言         未来の選択 、ホジュン~伝説の心医~、最高です!スンシンちゃん、キムチ~不朽の名作~ 、明日が来れば
      きらきら光る、キム・マンドク、結婚してください、エンジョイライフ~愛がすべて、太陽をのみ込め     チュンジャさんちはお祭り騒ぎ、幸せな女、カクテキ、どれだけ好きなの、ソウル1945、雪の女王
  漢江ブルース、あなたは星、花よりも美しく、人魚姫、神話、母よ姉よ、涙が見えないように、私が生きる由     二冊の日記  
『ムン・チェウォン』
生年月日  1986年11月13日
出演作   鶏龍仙女伝、華麗なる遺産、お嬢さまをお願い!、ロードナンバーワン、大丈夫、パパの娘だから
王女の男、優しい男、グッド・ドクター、グッバイ ミスターブラック、クリミナル・マインド
『ユン・ヒョンミン』
生年月日  1985年4月15日
出演作   鶏龍仙女伝、ハートレスシティ~無情都市~、感激時代、魔女の恋愛、恋愛の発見、純情に惚れる
初めてだから、いとしのクム・サウォル,ビューティフル・マインド、グッドワイフ
愛の迷宮-トンネル-、魔女の法廷
『ソ・ジフン』
生年月日  1997年4月25日
出演作   鶏龍仙女伝、シグナル、ソロモンの偽証、恋するレモネード、ラブ・トライアングル、ミスティ

鶏龍仙女伝のあらすじ

生物学准教授になったチョン・イヒョン(ユン・ヒョンミン)は、助手のキム・グム(ソ・ジフン)と一緒に、グムの実家へ行くに。
不眠症でコーヒーが手放せないイヒョンは、道中で鶏龍(ケリョン)山の中にある喫茶店に入る。
そこで699年もの間、鶏龍山で木こりの蘇りを待ちながらバリスタになった仙女のソン・オクナムが、
チョン・イヒョンとキム・グムの2人の男性に出会う。
そこからオクナムの木こり探しがはじまる。

鶏龍仙女伝の感想

新しい俳優の誕生ですね。厳密には6作目ではありますがそうそうたるメンバーと主役の中に入り、しかもなんの損傷もなく
演じ切ったのにはおどろきました。こんな作品を見れたのはラッキーでした。まだまだ若いですがこれからの韓国ドラマを
背負っていくでしょう。絶対のおすすめです。

ムン・チェウォンの出演作を見ていて驚きました。彼女の出演作をほとんど見てました。(笑)
女優ですね~。いつも違う顔を見せてくれます。
今回は純粋な仙女様でここでも見事に演じています。実際にこんな人がいたらドラマ通りきっと誰でも仙女様を好きにならずにはいられないと思います。学生たちもはじめは馬鹿にしてたのにもんな段々好きになるのが良くわかります。

ユン・ヒョンミンも好きな俳優さんで最近はメキメキ頭角を出してきました。
特に前作の魔女の法廷も面白かったし素敵でしたよね。
こんな二人が絡む作品なのでこの不思議な設定も無理なく演じていると思います。

そんな中ソ・ジフンが新人であるにも関わらず重要な役で頑張ってました。
新人であることも忘れてしまうほどに・・
シグナルを見たんですが、あれが初作品らしくそれからあまり時間がたってないんですよね。
それもあの作品では学生の端役だったので短期間での出世には目を見張るものがあります。
でもそれを感じさせないんですよ。主役の2人と堂々と渡り合ってます。
きっと近い将来は主役で戻ってくるかも?楽しみな役者さんの登場です。
そういう見方でも面白い作品だと思います。
それくらいソ・ジフン注目です。

それと忘れてならないのが、一般人に見えるオクナムをコ・ドゥシムが演じてます。
やはりいいですね~。ドラマが締まります。
いかがでしたか?50代おばさんのおすすめ韓国ドラマの独断と偏見の感想でした。 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
「鶏龍仙女伝」をあなたも見てみませんか?