おすすめ韓国ドラマ「100日の朗君様」 感想

時代劇

EXOのディオ朗君様の「100日の朗君様」はラブロマンスが一杯

EKOのディオとナム・ジヒョンの機代劇ラブロマンス。
この作品はは記憶喪失になった世子と怨女との百日間のラブストーリーです。
そして高視聴率で終った作品です。

作品概要

韓国放送時2018年
tvN放送
全16話
脚本  ノ・ジソル
演出  イ・ジョンジェ

100日の朗君様のキャスト・出演者

ウォンドゥキ・・・ ト・ギョンス(EXO D.O.)
ホンシム・・・ナム・ジヒョン
キム・ソノ・・・チョン・ジェユン
キム・ソヘ・・・ハン・ソヒ
ムヨン・・・キム・ジェヨン

100日の朗君様の主な出演者の紹介

『ト・ギョンス(EXO D.O.)』
生年月日  1993年1月12日
出演作   大丈夫、愛だ、EXO NEXT DOOR ~私のお隣さんはEXO~、君を憶えてる、兄貴

『ナム・ジヒョン』
生年月日  1995年9月17日
出演作   少女探偵パク・ヘソル、あなたなしでは生きられない、花ざかりの君たちへ、
エンジェルアイズ、家族なのにどうして?、深夜食堂fromソウル、ショッピング王ルイ
あやしいパートナー

100日の朗君様のあらすじ

記憶を失った世子をD.O.(EXO)が役立たず世子を熱演!望まないナム・ジヒョン演じるホンシムとの
新婚生活を強いられ・・・?
記憶を失った世子と、知らずに新婚生活を送る身分を隠したナムジヒョンの初時代劇ラブストーリー。
しかしあまりにも身分が違いすぎて・・・

100日の朗君様の感想

私がD.O.(EXO)を初めて見たのは「君を憶えてる」でした。
それからはD.O.(EXO)は怖いイメージしかなくて・・・
この君を覚えてるはファンじゃなくてもおすすめですよ。
D.O.(EXO)が本物のサイコパスに見えて逆に踊って歌うのが本当に不思議でした。
だからこの作品のあとで「君を憶えてる」を見たほうがいいかも・・・(笑)
くどいですが本当に怖かった。
でも今回の彼はちょっとお馬鹿でとってもいい人で・・・。ロマンスも一杯で言うことありません。

ナム・ジヒョンはこの頃大物の相手役をしてますが今回は年も近く、より本物の恋愛みたいでした。
つい妄想がが膨らみませんでした?
私は「家族なのにどうして」からしか知りませんがどうも子役でも活躍してたみたいですね。
まだ若いのに、芸歴は長く、出演作が多い女優さんです。
だから大物俳優さんとも委縮することなく渡り合ってたのですね。
勝手にあまりイメージのあう2人ではなかったですがドラマの最後では相性良く見える2人でした。

さて、この作品で女の私がポォ~となった人がいます。
ハン・ソヒ演じる世子嬪 のキム・ソヘです。嫌な役でしたが美貌は圧倒的でした。
演技力も悪くなかったしこれからどんどん出てくるかもしれません。
ハン・ソヒ!覚えておきましょうね。

これぞ韓国ドラマ!のお話です。
いかがでしたか?50代おばさんのおすすめ韓国ドラマの独断と偏見の感想でした。 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
「100日の朗君様」をあなたも見てみませんか?