使っているスマホアプリ Prime Music

私が使っているスマホアプリシリーズもだいぶ紹介してきた。
ここらで音楽系のアプリを紹介しよう。

その名もアマゾンのPrime Musicだ。
アマゾンはkindleなどの電子書籍やプライム関連のプライムビデオが有名だ。

だが音楽も侮れない。
これもプライム会員ならかなり充実したラインナップの曲を楽しむことができる。

今回はアマゾンPrime Musicについて思うことを書いて移行。

Youtubeも便利だがやっぱPrime Music

普段あまり音楽を聴かないのだが、Youtubeでたびたび聴くことはある。
様々なミュージシャンがアップロードされているYouTubeにおかげで、CDを買うことがなくなった。

ただそんなYouTubeにも難点がある。

それはバックグラウンド起動ができないことだ。
せっかく音楽をながしたくても、常にアクティブにしてないといけない。

これだとネットサーフィンしながら音楽を聴くことができない。
有料版だとバックグラウンド起動ができるのだが、少し初心者には敷居が高い。

これがYoutubeで音楽を聴く最大の難点かもしれない。

Prime Musicの場合は、バックグラウンド起動もできるし、オフラインで音楽を聴くことができるのだ。
ま、プライム会員限定だけれど。

Prime Musicの便利機能

Prime Musicで曲を聴くと、音楽が流れるだけではなく、歌詞が自動で流れる。

これが好きだ。
ワンクリックでその歌詞の部分にさかのぼることもできる。

これはYouTubeなどにはないPrime Musicならではの機能だ。
そしてその日の気分に合わせてPrime Musicが推奨する音楽を流してくれるのもポイント。

ちょっぴり気分が落ち込んだ日、燃えたぎる気分の時に聞く曲、起きたばかりの気分に聴く曲。
聴ける曲の数こそYoutubeに負けるが、それでもオアシスやグリーンデイなど、個人的にツボなミュージシャンをちゃんと抑えている。

いまではジョギングや作業中に欠かせないベスト音楽アプリとなっている。

まとめ

自分は洋楽しか聴く機会がないのだdが、アマゾンミュージックはJ-popに関してはあまり充実してないらしい。

やっぱり権利関係が難しいのだろうか。
自分はもともとプライム会員だったけど、J-pop目当てに会員になるのはやめておいた方がよさそうだ。

スポンサーリンク
アプリ
スポンサーリンク
ソナをフォローする
50代おすすめの韓国ドラマとスマホアプリ